PROFESSIONAL

INTERVIEW

Professional Interview

システム開発

技術職

Pyo.N

ミャンマーの大学を卒業後、訪日し日本企業へ就職。約2年間のWebアプリケーション開発経験を経て、2022年に中途入社。現職ではWebシステム開発に従事し、要件資料の作成をはじめとした上流工程からリリース後の保守作業までを担当している。

グローバル人材

×

キャリアアップ

で、まだ見ぬ答えに挑む!

  • 01

    グローバル人材 × キャリアアップを目指せる環境

    一人ひとりに合った方法で、キャリアビジョン実現へのサポートを受けられる。

    私はミャンマー人で、日本に来て5年目になります。エンジニアとして約2年間はたらき、キャリアアップを考え始めた頃、パーソルクロステクノロジーではたらくミャンマー人の友人からの勧めで当社のことを知りました。友人が話していた「自分の頑張りをしっかりと評価してくれる社風」、「自分の課題や希望を上司に相談しやすい環境」、そして「外国人のエンジニアが多数所属している」といった点に興味を持ったことが、転職に踏み切ったきっかけでした。実際に、社内の風通しもよく、テレワーク時に日本語でのテキストコミュニケーションが苦手な私には口頭で会話する時間を作ってくれるなど、外国人にとってもはたらきやすい環境です。自分のキャリアビジョンについて上司に気軽に相談することも可能で、希望に合ったキャリア形成へのサポートを受けられる点は大きな魅力の一つ。また、エンジニア向けの研修や資格取得支援制度などが充実しており、スキルアップできる環境であるとも感じています。

  • インタビュー画像
  • 02

    前職と現在の業務内容

    上流工程からリリース、保守作業まで。エンジニアとして、より広い領域を担当できるように。

    前職ではFileMakerのほか、HTML、JavaScriptなどを使用した勤怠管理システムの開発を行っていました。現在はJavaScriptをメインに、MySQLなどのデータベース管理システムも活用し、企業のネットワークオペレーション自動化システムの開発に携わっています。前職での担当範囲は、ウォーターフォール開発における設計、実装、テストがメインでした。現在は、設計、実装、単体テストなどの開発・改修作業に加え、機能追加の設計書の作成やリリース作業、リリース後の保守作業なども担当しています。日本語でのライティングについてはまだまだ勉強中で、設計書やテスト仕様書の作成には苦労することもありますが、チームメンバーと積極的にコミュニケーションを取りながら、独り立ちできるよう日々業務に邁進しているところです。

  • 03

    前職のスキルや経験が活きている点

    開発の知識とコミュニケーションスキルを、今の仕事でも存分に発揮。

    Webアプリ開発における実装作業に関しては、前職で多くの経験があったため、そのスキルを存分に発揮しつつ、より広い業務にもチャレンジできることに大きなやりがいを感じています。システム開発は4名で分担していますが、自分の担当領域で改修を行うと他の領域にも影響するため、メンバー間でのコミュニケーションが欠かせません。以前の職場では、まだ日本に来たばかりだったこともあり、チームメンバーから多くのサポートを受けていました。今は1人で業務を進めていますが、連絡や相談、報告などコミュニケーションを図るタイミングについては前職での学びが大きかったです。また、エンジニアとしての経験を積んできたからこそ、タスクの優先順位を決めてタイムマネジメントができるように。ワークライフバランスを保ちながら仕事ができています。

  • インタビュー画像
  • 04

    転職活動の理由、企業選びの軸

    自身の想いやキャリアビジョンを、しっかりと聞いてくれたことが決め手に。

    転職の際、企業選びの軸にしていたのは「楽しくはたらけること」と「キャリアアップできる環境であるか」でした。応募の決め手となったのは、グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」という言葉。面接では仕事内容や社内の雰囲気はもちろん、社内の評価制度や研修内容について丁寧に教えてもらうことができ、楽しくはたらきながらスキルアップできるという点で安心感がありました。私の拙い日本語にも耳を傾け、私自身の経験やスキルをしっかりと理解してくれたことも印象に残っています。その結果、これまでの経験を活かしつつ、さらに業務の幅を広げ、エンジニアとして活躍の場を広げられる環境であると感じ、入社を決めました。

  • 05

    パーソルクロステクノロジーではたらく魅力

    エンジニアの仲間と切磋琢磨しながら、自らのキャリアを切り拓いていける。

    自分が担当したいお客様先や分野について上司に相談すると、私自身のスキルと合わせて総合的に判断し、希望に合った業務にアサインしてくれます。研修制度などを活用し、自らのスキルを磨きながら、思い描くキャリアを実現していける環境はとても魅力的です。また、社内ではエンジニアが集まるイベントも定期的に開催されていて、普段の仕事では関わらないエンジニアと情報共有できる機会があります。社内では、システム開発はもちろん、自動車やロボットなどの設計、開発、実験などものづくり領域における技術のほか、インフラ設計や評価検証など、最先端の技術を駆使したIT領域の開発に携わっているエンジニアも多く、自分のキャリアの参考にもなりますし、多くの刺激を受けています。また、外国籍の社員も多く、プライベートでの交友にもつながっており、孤立感や不安を感じることなくはたらける点も私にとっては非常にありがたいです。

  • インタビュー画像

MY VISION

わたしが描く未来のキャリア

技術力と語学力を活かし、エンジニアとして活躍の幅を広げたい。

今はJavaScriptをメインにシステム開発を行っていますが、今後はAWSやAIでの開発も経験し、仕事のスケールを広げていきたいです。また、私は日本語以外に英語もできるため、グローバルな案件にもチャレンジしたいと思っています。社内には、「グローバルチャレンジ」といって、海外のパーソルグループに出向できる公募制度があります。そういった機会も利用しながら、技術力と語学力を活かし、海外でも活躍できるエンジニアを目指していきます。

ENTRY