技術職(機械)

機械設計エンジニアについて、業務内容をご紹介します。

機械設計エンジニア

プラモデルと同じように製品として形を作っていくのが機械設計の仕事です。時には生産部門やサプライヤーとの調整に苦労することがあるかもしれませんが、自分が設計に関わった製品が試作品として形になり、最終的には工場から出荷されていくのを見ると非常にやりがいを感じることができます。その対象は、手にのる精密機械から家電、自動車や飛行機、工場にある大型機械や宇宙に飛び立つものまで様々。社会に役立つ製品づくりに関わることができます。

業務内容動くメカニズムや形状、大きさ、素材、加工方法などの決定、レイアウトの検討、商品企画や生産部門およびサプライヤーとの調整などを行う業務です。また、耐久性などに問題がないかコンピューターでシミュレーションする解析コンサルや、実際に試作品を作り簡易的な評価をする業務なども含まれます。

活かせる知識・利用するツール

CAD、解析ツール、流体力学、熱力学、製図、加工、材料、組立・生産

開発事例

ディーゼルエンジンの設計、電池パックの筐体設計、商用車のサスペンション設計、ADAS関連の各種搭載設計、ボディの強度解析、ドローン機体の認証試験

OTHER INTERVIEWS

社員インタビュー